FC2ブログ

No.5103

ZARE510

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一体感

他人と何かを共有すると、その人とぐっと仲良くなります。

楽しい事を共有すれば友達に

苦労を共にした人はそこに友情が芽生え。

普通ではない、非日常の体験をすればその人に対して特別な感情を抱く。かもしれない。


とにかく、人は”何か”を共有する事でその人とのつながりを築いていく、のだと思っていますし

共有する事が多ければ多いほど繋がりは強い物になっていくのではないかと思うのです。


そしてその共有が特別な物であればある程一気に距離は短くなる。そう思ってます。


例えば、とても感動的な景色を一緒に見た人は、その感動的な景色のイメージと一緒にその人が付いてきます。

一緒に怖い思いをした人は、ある時は心の支えになるのかもしれません。



前置きが長くなりましたが、あれは中学生の時だったと思います。


僕の行っていた中学校はいわゆる”モデル校”と呼ばれる中学で、


例えば

運動会という一大イベントがあれば、一番力を入れるのは”応援”声をからしてガラガラになってまで全力で応援をする。そして応援の練習を毎日毎日やる。朝から大声で叫ぶのです。


例えば

合唱。きちんと歌ってくれないと泣きだす女子。それにより一日話し合い。



例えば

生徒会選挙に誰を出すかで夜まで話し合い。決まるまで帰れない。的な。


あ、でもこう言うのって中学だと普通なの?

熱いのかな。良くわかんないけど。


で、一番衝撃的だったのは


修学旅行のバスの帰り。みんなで思い出を作る。みんなで一つになる。と言うコンセプトの元

何を思ったか

”大きな声で歌を歌う”(わりと流行りの曲)

と言う事を強制されてました。


いや、強制じゃないのかな?今考えると強制だった気が。


30人がバスの中で



YAH YAH YAH を大合唱


大声で



大声で





バスの運ちゃんにしたらえらい迷惑やったろうな。



中には泣きだす子もいて。



何か良く分からないけど熱くっている子ども達。


先生まで。


とりあえず凄かった思い出。

ブラック企業の社員研修みたいな感じ。



まぁ、でもね。そこで一体感が生まれるわけですよ。

やりきったと。

やったったぜ!とね。



こいつら最高だぜ。最後はみんなで涙を流して抱き合って解散。的な。

いやぁ懐かしい思い出だ。

こう言う思い出は一生の物なんだなと。ちょっと感傷に浸ってみました。








まぁ、今誰ひとりとして連絡先知らないけど。









スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<くるしー | HOME | きしょーてんけつ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。