No.5103

ZARE510

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

image

揺れ動く心の狭間で

一筋の光に 手をかざすけど

時代はいつでも急ぎ足で

生きて行くことの意味は

争い合う事に いつかすり変わってく




飛び込み台の上 僕等は否応無く

背中を押され落ちてくんだ

溺れそうな魂 水しぶきをあげて

息絶え絶え水面をかく

けれど



楽しく生きてゆくImageを

膨らまして暮らそうよ

この目に写る 全てのことを 抱きしめながら
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<夏場 | HOME | >>

この記事のコメント

地平線の先にたどりついても
新しい地平線が広がるだけ
「もうやめにしようか?」 自分の胸に聞くと
「まだ歩き続けたい」と返事が聞こえたよ
知らぬ間に増えていった荷物も まだ何とか背負っていけるから
君の分まで持つよ だから傍にいてよ
それだけで心は軽くなる

果てしない旅路の果てに 選ばれる者とは誰?
たとえ僕じゃなくたって それでもまだ走ってゆく 走ってゆくよ
降り注ぐ日差しがあって だからこそ日陰もあって
その全てが意味を持って 互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても 光を感じれるよ

今 君に贈るよ
気に入るかな?
受け取ってよ
君とだから 探せたよ
僕の方こそ ありがとう

一番きれいな色ってなんだろう?
一番光ってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で ほら光ってるんだよ 
光り続けんだよ
2008-07-23 Wed 14:09 | URL | 日焼け [ 編集]
どれくらいの値打ちがあるだろう
僕が今生きてるこの世界に
全てが無意味だって思える
ちょっと疲れてるのかな

一体どんな理想を描いたらいい
どんな希望を抱き 進んだらいい
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか

決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
僕はこの手を伸ばしたい
2008-07-24 Thu 02:02 | URL | 背中が痛いです。 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。