FC2ブログ

No.5103

ZARE510

あああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああぁl

2時間半かけて作ったデータが消えた。


しぬ・・・・
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そう、そこのお前

お前ら良く聞け。


ライブ告知だ。


3月7日(日)19:00くらいからライブやるぞ。

WaterGroupのライブだ。

場所は高円寺Reef

いいか、来るなよ。


絶対来るなよ。



来るなってば・・・・



・・・。



あのさ、ほら・・・来るなって言うと逆に来たくなるじゃん?


それだよ。



ちなみに我らがWaterGroupは今やバンドからサークルに格上げしました。(格上げであってるのか?)



みんなで楽しくバンドやりましょうってなりました。


音楽やりたい人はウェルカム。


ライブやりたい人もウエルカム。


ある程度楽器が出来ればそれでOK


・・・話はそれましたが

来週ライブやるんで。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

集中力

人間の集中力は40分~45分が限界だそうです。


なんか前もこんな話をしたかもしれませんが、かまうもんかです。


小学校・中学校の授業はだいたい1コマが40・45分ですから

丁度良い時間なのでしょう。

大学にいたっては1コマ90分なのでそりゃ若い学生達が集中力持たないのも分かります。


かく言う私は、集中力がありません。注意散漫。ミスが多い。

今の会社になって良く思います。

割と気をつけていてもミスします。

多いです。


ミスをなくすにはチェックしかない。

日頃からチェックする習慣がない私は特にチェックが必要。

チェックすると集中力使うんだよなぁ…

集中力使うと疲れるんだよなぁ・・・。


いやぁまじで。


ちなみに飽きっぽい人(自分もそうですが)に関して

飽きっぽいというのは一種の才能らしいです。

一つの事が長続きしないという事は

次の新しい事にどんどんチャレンジできる力があるという事。

飽きっぽくてもいいと思う。


新しい事どんどんやればいい。


でもチェックはしよう。

今までと同じではだめだ・・・。うん。



未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

いい加減

自分はどういう人間なのか。


自分と言う人間の性格って分かってますか?

自分はこういう人間だ。って言えますか?


私は自分がどういう人間か

29年生きてきましたが良く分かりません。


29年間。誰よりも一緒にいて

楽しい時も、悲しい時も、辛い時も常にそばにいる

何をする時も常に一緒にいるはずの「自分」

一番一緒にいるはずなのに分からない。

近すぎるから分からないのかな・・・。


自分の声を録音して聞いてみると

「あれ?俺ってこんな声だっけな?」

って思った事ありませんか?

客観的に見てみると、結構違ったりするんですよ。自分って。



自分が思っている「自分」と

他人からみられている「自分」


結構違うんですよね。

だから、「自分」を理解するには「他人」という鏡が必要。


自分一人じゃ自分という姿は見えてこない。


あなたは

ドンナヒトデスカ?
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

Good bye

HPが黄色くなってきました。


ここ最近。1~2週間。

多忙です。仕事が。

あんまりブログも更新できません。

読んでくれてる人の為にもがんばります。


最近読んだ小説で心に響いた言葉

― 気軽に、「さようなら」が言えるのは、別れのつらさを知らない者の特権だ ー

この一文が頭から離れない。


--------------------------------------
さよなら

サヨナラ

さようなら


「さようなら」って使わないよね。


別れ際、「じゃあね」とか「ばいばい」とかは良く使うけど「さよなら」は決して使わない。


それはまた会うからだ。また会えるからだ。また会いたいからだ。




さようならって悲しい。もう会えない。そんな言葉。


小さい頃は毎日言ってたのにね・・・なんでだろ。
年を重ねると共に言葉の重みが分かるようになったのかな・・・・。

いつから使わなくなったっけ。




そしていつか誰かに使うときが来るのかな。



その時は・・・悲しいな。



ミスチルの桜井曰く
「さよなら」は悲しい響きだけど、 君とならば愛の言葉

だって。



言葉って大事だね。


なんかしんみりしちゃった金曜。



じゃあまたね☆
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

袋叩き

オリンピックが開幕しましたね。

冬の。



競技よりも何かとネットやらマスコミが叩いてるのは
スノボーの国母。

もう説明する必要ないか・・・。


服装がだらしない上その後の会見での態度がひどかったと言う物。


あぁ・・・確かに酷い。

まったく悪いと思ってない感じ。


ロックだわ。

まぁ、この人マスコミからしこたま叩かれているわけですが、

ちなみにスノボーでは世界的に有名です。

21歳にして世界レベルです。



でもまぁ・・オリンピックに出る以上、国の代表として出るのだから服装はしょーがないとしてああいう態度を取ったらどうなるかってところまではわかってなかったらしいね。

ボーダーってああいう人が多い(スケボー・サーフィンみたいな横乗り系スポーツはヤンチャな人間が多い)
ので、スノボーという文化はオリンピックには浸透しないのかもね。


ちなみに自分なりの考察ですが、

多分あんだけ文句言われて国母は「こんなめんどくせー事になってんならオリンピックなんかでねーよ!辞退するわ」
ってなった気がする。彼ならそう言いかねない。むしろ辞退するつもりだったのかも。

でも関係者が止めた。謝罪会見までさせて競技に出させたい。

何故か。



メダル候補だから。



実力者だからですね。



色々説得したんだろうなぁ・・・と思う。


でもまぁ僕的には彼の滑りが見れるので楽しみです。



ただ・・・これでメダル取れなかったら・・・・。



・・・・。


あ~怖い怖い

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

time is money

そこまでは言いません。


時間=金などとおこがましくて言えません。


でもね。

最近思うの。


時間ってやっぱり年を取ってくると経過が早い。


ちっちゃい頃は遠足に行くのが楽しみで

遠足前の一週間なんかものすごく長く感じた。

そのくせ遠足って一瞬だった。


楽しい事はすぐに過ぎる。退屈な事は長く感じる。

みんなもそうでしょ?


でも最近って楽しい事もつまらない事もいやなこともあっという間に過ぎてる気がする・・・。


たとえば週末に楽しみな事があるとあっという間に週末になってあっという間に楽しい事が終わってあっという間に月曜日・・・。みたいに時間がの経過が早い。


つまり。1週間なんてあっという間なのよ。


1か月もあっという間

1年もあっという間

そうこうしているうちに年だけ取っていく・・・。


80年なんてあっという間かもね。。。


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

不思議な国の5103

日本の東京の下の小笠原諸島のもっと下。








あ、そこまでいったらオーストラリアです。

もうちょっと上。




グアムという国に初めて足を踏み入れてきました。



友達の結婚式です。


グアムの印象

・日本人が多い(むしろ日本人しかいねーんじゃねーか?というくらい日本人が多い)
・日本語だらけ。
・だがここはアメリカ。

とにかく日本語が溢れている。


ハワイは日本語通じるよ


って良く言われますが、

それの比にならないくらい日本語通じます。


とにかく、グアムです。


常夏の島。グアム。


常夏の国ってのはみんなそうなのかもしれないけど

基本的に時計がない。


日本人は時間を気にしすぎるんでしょうね。


でも日本人しかいないんだったら時計置いてくれよとか思う。


まあいいけど。



とにかく結婚式でした。

日本でやる結婚式とはちょっとちがって恰好もアロハに短パン+サンダルでOK。
(もちろん新郎新婦はドレス&タキシードでしたが)

青い空と青い海の下の結婚式はとっても素晴らしかった。


なにより二人とも幸せ一杯でした。


自分の結婚の時に色々お世話になった人達なので祝福するほうも幸せですね。


末長くお幸せに。


そしてブログを読んでくれてるそうなのでうれしいです。


ありがとう。



やっぱリゾート挙式っていいなぁ~。


と改めて思った。

またいきてーな。グアム


未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

修学旅行3

夜は更けた。

盛り上がった人たちは前日の飲み会。5時くらいまで盛り上がっていたらしい・・・・。


実に恐ろしい。

だがまぁ初日は恐ろしいほど盛り上がった。

罰ゲームで皆の仲が深まり、

景品ゲームで皆のモチベーションが上がり。

ちなみに景品は個人旅行とは思えない豪華っぷり。

1位「東京湾ディナークルージング」
2位「渋谷セルリアンタワー40Fディナー」
3位「鼠王国のチケット」
4位「八景島シーパラ」
5位「DS(でかいの)」
6位「PSP」

という豪華っぷり(上位から6個なので以下30個以上景品あり)
※一部スポンサーからの贈呈品

まぁこんだけ豪華なもの出せば盛り上がらないわけがないはずで、
みんな楽しんでくれたみたいです。

個人的にはオークリーのゴーグルが欲しかった(20,000円)・・・。


僕と主催者と某キムさんは疲れ果てて3次会も顔を出しただけで眠ったわけです。

--------------------------------------------

------------------------------

-----------------------

---------

-----

--
-

朝7:00に起床予定。朝飯食ってゲレンデの予定。


だが世の中予定通りにいかないのが夜の筋であって


朝起きたら8:30.

スタートの時点で予定が狂う。


朝ごはん食べずに滑りだす。


滑る。

とりあえず滑る。


2日目は基本、班行動ではない。

仲の良い方々と滑る。

それだけ。


Free


雪質は悪いけど楽しめたと思います。


16時に上がり、バスで帰る皆を見送り、


主催者とキムさんと僕の3人(幹事3人ね)は

こっそり温泉に入りゆっくりして帰りましたとさ。



2日間の感想は



疲れた。

でも楽しかった。



またやるかどうかはわからない・・。


この人数の規模では多分やらないだろうなぁ・・・。主催者と相談だな。



半分くらいの人数がちょうどいいと思うよ。


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

修学旅行2

あまり日をあけると忘れてしまいそうになるので無理やりにでも書かなければ。

初日の雪山は軽く人に教えながらも自分で楽しんでみたり。

複数の人に教えるのって結構大変だな。。。。


しかも付きっきりで教えるってのはさらに大変。


とりあえず根気が必要だという事。

そして相手にやる気がないとさらにキツイ。


スノーボードを始める場合、いきなり大きな壁がある。

スノボーやったことない人はわからないと思うが

まず立てない。

立てない上に、立ってもすぐ転ぶ。

いきなり滑りだすなんてのはまず無理な話なのです。

通常滑れる人は一つのコースを滑るのに5分かからない。

そこを初心者は30分とかかかるわけです。

おまけに寒いし転ぶし滑れないので心が折れます。


それに付き合うにはやはり根気がいる。というわけです。

教えるほうも教わるほうもある程度覚悟しないとだめなわけです。



話がそれました。


幸い僕の班は皆ある程度滑れたので問題はありませんでした。



特に問題もなく初日の雪山終了。


温泉に入り食事。

そしてメインイベントの飲み会。

90人の飲み会なんて個人でやらねー。


自分の結婚式の2次会の時くらいだが、今回は完全にスタッフ。


いやぁ大変大変。



酒とゲームで盛り上がり

罰ゲームで盛り上がり

景品で盛り上がり。

とてつもなく盛り上がり

幹事が体調を崩し

僕も若干体調を崩し。

一通り盛り上がり終わり

かたずけを終え


気が付いたら寝てた。


つづく、

のか?
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

修学旅行

修学旅行気分にひたろうツアー

という名前のスノボー旅行に行ってきました。


行ってきましたというのは正確ではなく、企画しました。スタッフ側として。


スタッフと言うくらいなので、それなりの人数で行ってきました。



それなりの人数=88名



まぁある一定の人数を超えてイベントを行うとほぼまとまりません。


ちなみにこのツアー今年で4回目ですが、去年も人数が多く40人いたんですが、

倍以上参加していたので、もう・・・まとまるわけがありませんでした。


そんな感じで個人が企画するには多すぎるくらいの人数で行った旅行。

せっかくなので順を追って説明したいと思います。


1/29(金)

11:00新宿集合。人数が徐々に集まりだす。スタッフは自分を含めて7人。7人いても足りないくらいなのだがなんとか回すしかない。いざ全員集まってみると予想以上に人が多くてビビる。基本人が怖い僕は自信がなくなる。

0:00新宿出発。僕は緊急用の車で某キムさんと出発。とっとと現地に到着して皆が来るまで寝てしまおうという結論になる。ちなみに現地まで260km。到着予定時刻 4:30。とりあえず萎える。

一切休憩をせずに高速をかっ飛ばす。3:00着。人間頑張れば結構なんとかなるんだと気づく。
とりあえずホテルのロビーで寝ることにする。ロビーは真っ暗でホテルなのに暖房がかかってない。

寒い。

とりあえず某キムさんと凍えながら仮眠。

凍死する手前で起きる。

朝8:00 86名様 ご到着。

とりあえずホテルに人が溢れる。

まとまらない。段取りが悪かったorz...

なんとかその場を納めチェックインしてスキー場へ出かけることにする。

スキー場では基本9人の班行動。

滑れる人、滑れない人、そのどちらでもない人がまんべんなく班で分けられている。

ちなみにどちらかというと滑れる人な部類に入る5103は班の責任者。

みなさんのお世話をしながらそれなりに滑る。

特にこの辺は報告することはない。

大したラブロマンスも産まれず。

つづく

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

今日という日

年を取ったと感じる瞬間はいつですか?


運動した時?若い子の話についていけない時?

それとも流行りの歌に全くついていけない時?

昔話をよくするようになった人なんかもそうでしょう。


タイミングは人それぞれですがどっかのタイミングでハッと気づくわけです。


「自分年取ったわ・・・」と。


年を取って老いていく事と引き換えに経験や技術や能力を得ていく。


そういった自分のステータスが上がって行って成長する。それが大人になっていくという事なのではないかと思います。


年を取ったと感じた時。それは大人になっていくと感じる時なのかもしれません。



表現は難しいですが。私も「いい年」になりました。


もういつからいい年なのかはわかりませんが。


今日、この瞬間に思う事にします。


年を取ったと。



だって私誕生日。



なんでもない平凡な日の積み重ねががきっと僕を大人にしていくのだろう。



みんなありがとう。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |