FC2ブログ

No.5103

ZARE510

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!の国から 最後

餅を食えば正月気分。そんな事を思うのは日本人だけでしょうか。


ま、それはいいんですが。


なにはともあれ、ありがたい大寒波の所為で(おかげで)リフトは止まり

不完全燃焼なボードツアー。


あんなことやこんなことを期待していたのに・・・。半分くらいしか達成できてません。





そんな感じで3日目の朝。


寒波がすさまじいため、車が出られない恐れがあったので6:30起床。

外に出て雪かき。


朝6:30から雪かきする2人。

正月ね。

雪かき後朝飯を食べ、そのまま空港までドライビング


帰りは私が全部運転。


真っ白な道をひたすら走る。

走る。

走る。

何回か危なかったです。


対向車がいるところでスリップするのを除けばあとは問題なかったと思います。




危なげないドライビング2時間半を終え、

レンタカーを返し

空港へ行き、

お土産を買って

飛行機に乗り(ちなみに前日は全部飛行機止まってたらしいですがねww)

羽田に着。



いやぁ疲れた。


帰りは7時間だった。




寒波のおかげで満足に滑れなかったけど

雪質と温泉は最高でした。


あとホテルもよかった。かなり。


また行きたい。

リベンジも兼ねて。



そういえば以下4人のうち1人がガチで遭難しかけたそうです。

むしろ遭難してたそうです。

レスキュー出動直前に気合で戻ってこれたそうですが・・・。

よく自力で戻ってきたなあいつ・・・。




スキー場は危険。

KM

こういう事やる奴がいるからマジ危険。



おしまい。


あ、部長がインフルになりました。


おしまい。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

北の国から 3

2010年元旦。

起きたら7:00

まったく元旦ぽくない。


正月っぽいのは朝ごはんに数の子を食べたのと、ホテルのロビーで鏡割りしてたくらいでしょう。


8:00に集合してスキー場へ。ちなみにホテルはスキー場の目の前なのですぐなのです。


スキー場早くも大荒れ。


寒波万歳です。



リフトは動いているけれど。
リフト降りたら吹雪。


510嫁3瀕死。


1本滑って動物園行きたいとおっしゃっていたので

動物園(旭川じゃないよ)へ。


ニセコスキー場には動物園があるのです。

ペンギン

pen

こいつ


ペンギンといえば寒いところにいるはずの動物



このペンギンは寒さに弱いらしい。


終始凍えていた。


ものすごい嫌がって・・・

最終的に

pen2

小屋にこもって出てこなくなった。


寒いの嫌いなんだってさ。



結局ペンギンやらヤギやらアヒルやらと戯れ


飯食って


元のスキー場へ。



スキー場で1本滑ったら風でリフトが止まりそのまま営業終了


元旦2本のみ。



orz

切ない元旦だ




夜は以下4名が止まる宿にて宅飲み。



やや楽しい

チェックの人の恋愛話中心。


どうでもいいですね。



宿へ戻ると雪がとてつもなくなり


駐車場へ行くと車が雪にはまり動かなくなりました。


朝まで放置するわけにもいかないので

一生懸命雪かきする事に


深夜12時に極寒の地にて雪かきをする2人



寒かった。



そうして2日目の夜は過ぎていったのです。


ちなみに正月っぽいことほとんどしてません。


ホテルの餅つき大会の餅食っただけ。



それだけ


つづく。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北海の奇跡その2

ニセコ。

世界のトッププロも好んで訪れるという世界有数のパウダースノーが味わえるスキー場である。

まぁココ

はじめまして。


現地に着いたのが13:00くらい。

家をでてすでに9時間。国内なのに壮絶な長旅。


疲れているがそんなものは関係なくみんなで滑る。

滑る

滑る。


うひゃぁ楽しい。


風はやや強いし、コースも一部しかあいてないけど雪は最高。


いやぁ楽しい。一通り滑り日も暮れたので翌日に備えて上がる。


ホテルのディナーはバイキング。


うめぇ。


こりゃうめえや。


スキー場のホテルといったらしょぼいイメージがあったけど

さすが2泊で○万円


色々あってよかったぜ。



ということでその日が大晦日だと言う事を部屋に戻ってガキの使いを見るまで

すっかり忘れていた5103でした。


疲れて眠かったのですが、ガキ使みてたら眠いんだけど面白くて微妙に起きてたりして

結局21時ごろ就寝。

年越しもクソもないな。


北海道楽しい。

観光してないけどね。


つづく
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |