FC2ブログ

No.5103

ZARE510

広告屋さん

たまには真面目な話をしましょうか。


割と真面目な話です。



僕が務めているのはとある広告代理店。


広告代理店の仕事と一言で言っても色々あるんです。


新聞の広告を埋めるのも広告屋さんの仕事。

タウン○ークの求人を埋めるのも広告屋さんの仕事。

渋谷のモヤイ像が盗まれたのも広告屋さんの仕事(だと思う)

イベントやるのも広告屋。

CMも広告屋。

電車もそう、看板もそう、ラジオもそう、言ってしまえばホームページだってそう。

世の中で目にする広告と呼ばれるものはほとんどが広告屋が絡んでいるのですよ。

絡んでないのもいっぱいあるけど、正確には広告屋で出来る事なんです。

広告屋さんってのは自由な仕事。

といっても、出来る事と企業の規模は比例するので、某電○とか博○堂くらいになればほんとになんでもできるんでしょうけどね。


うちの会社の規模だと・・・・半々くらいっすかね。


・・・前置きが長くなりました。


今さらな話ながら不況です。

アメリカなんかは少しずつ回復してきたみたいですが日本はまったくもって不況です。

ボーナス?はて?

みたいな状況です。

不況になると企業は売り上げが立たなくなるので、経費を削減するようになります。

会社にとって経費とはなんでしょう。


人件費・家賃・水道光熱費・雑費(文房具とか)・交通費、

など諸々ありますが、上記の物を削っていったとしても人件費とか家賃を除けば大した削減にはならないのですよ。


それよりも削っているもの。むしろそれよりも先に削られるものってなんだかわかりますか?




そう、広告費なんですね。

ものを宣伝しなくなるんです。

確かに広告するには結構なお金がかかるんで、こぞってここを削るようになります。


そうするとどうなるか。。。。


広告屋さんに仕事がなくなるんですね。


仕事がなくなるとどうなるか。


言わなくてもわかると思いますが、潰れます。


今全国に広告代理店と呼ばれるものは約3,000社あります。


2009年内には約300社が潰れるといわれてます。


約1割。


そのくらい不況なんですって。


わかりますか?1割ってとんでもない数字ですよ?


広告削るとそうなるんです。自然の流れ。


でも広告がなくなったらさらにものが売れなくなるので、広告がなくなることはないでしょうけど

広告を出さなくなってる企業が増えてるうちはまだまだ不況なんでしょうね。


はい。そんな感じの話です。

スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |