FC2ブログ

No.5103

ZARE510

ひらいけん

すきーだよー

すきーだよー

すきーだよー

すきーだよー

すきーだよー


わかったよ・・・くどいよ
スポンサーサイト



未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

中村勘太郎

前田愛結構好きだったなぁ・・・。


俺らの年代はみんな結婚してくねぇ。。


まさにピークってやつっすか。。。



確かに30手前ってのが一番ピークなのかもね。




俺もピークで結婚した1人か。




とりあえずうちの部長は結婚3年目にして離婚するそうです。




このブログ読んでる人って結婚したい?したくない?またはして良かった?やめときゃよかった?

みんなどうなの?

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

逝去

悲しい限りです。



今朝方、長年連れ添った私の携帯電話が死亡しました。


死因は溺死だそうです。



発見された時には既に意識がなく

最後の力を振り絞っておりましたが、先程あえなく他界されました。









データがぶっ飛んだぜ・・・・。



・・・。



奇跡的に前の電話帳のデータがSDカードに入っていたので電話帳だけは無事です。



僕の心は無事ではありません。

というわけで、ゆうぞうさん、メール返せてませんが、君のメールは確か届いていなかったと思います。今更過去は検証しようがないわけですが・・・。






これを期に新しい子(携帯)と付き合う事にします。




今の携帯ってたっけーんだよな・・・・ぁぁ



あ、昨日俺の友達がブログを紹介しろとうるさいので告知してみる


http://kohigofuku.blog97.fc2.com/

新潟に住む海藻の国の王子様。

婚活中らしいです。

何を隠そう、彼の正体は

正義のヒーロー・・・・。
http://www.kamoranger.com/

カモレンジャー説明:
小京都戦隊カモレンジャーとは北越の小京都・新潟県加茂市のローカルヒーローです。愛する郷里を悪の組織から守るために立ち上がった3人の若者の熱血物語。2005年に登場以来、各種イベントなどに登場し地元の子供たちを中心に大ブレイク中。

↑これのレッドらしい。


まぁ、今日も平和だってことだ。
(上手くまとまってない)

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

バンド

そういえばこのブログのテーマがサラリーマンのバンド日記だと言う事に気づきました。



しばらくバンドの事なんて書いてません。



バンド自体は細々とやってますが。



以前精力的に活動していた【WaterGroup】ですが
メンバーが何名か抜け、各自の活動に勤しんでいた為、目立った動きがありませんでしたが、


そろそろ活動を再開する模様です。



そして今までとは全く違った動きを見せます。



何が起こるやら・・・・。



来月から始まるよ。

詳細はまた今度~
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

マンネリ

朝起きる 

電車に乗る 

会社へ行く 

電車に乗る 

寝る 


毎日


毎日


土日は楽しい。


でも土日はあっという間。



何か思考が完全に駄目な人間になってきてる。


負のスパイラル?


なんて言うんだろ。


仕事が楽しいと思えるのが一番いいのだろうけど



そう思えないのはなんでだろう。




遊びだろうと 仕事だろうと ガチでやり込む人間は強いと思う。


僕の場合はムラがある。


性格の問題かもしれんけど。


仕事だろうと 遊びだろうと


ガチでやるときと やらないときの差が激しい。


様は躁鬱なんだ。



集中力ねぇなぁ・・・俺。





未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

M

10/24(土)

M-1の結果報告


報告もなにも。落ちました。


それだけなんだけどね。



去年よりアマチュアが多く、

でも去年よりなんとなくレベルが高く、

去年よりお客さんが多く、

でも去年より緊張しなくて、



まぁ、素人が勝ち進むのは難しいって事です。


ただ単に面白い奴=漫才が面白い

と言うわけではない。


間だったり、二人の息だったり、

お客さんの反応だったり


簡単ではないわけです。


客なんて誰一人知らないわけだから。


100人くらいいたのかな?


完全にアウェーだから


基本笑わない。



とてもシビアな世界。




まぁ、ネタも全然駄目だったんだろうな。



練習も全然足りなかったし。


暗記すればOKだと思ってる時点で通るわけない。



考えが甘すぎた。


駄目だねこりゃ。




さーて、来年はどうすっかな。。。



うーん。

暫く考えよう

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

日々

近頃は珍しく頻繁に更新しているブログでございます。


ほとんど誰にも言ってなかったんですが、



というか事後報告にしようと思ってたんですが


今週土曜日M-1出てきます。





ちなみに去年も出ております。


去年とは環境が違うので今年は無理かなと思ってたんですが、

前回の相方からお誘いがあり、出場と相成りました。







出る事に意味があるので、出た後の事はほとんど考えてません。


だから2回戦とか考えてません。



相方は前の会社の方です。




結果は後程。









未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

古き良き

最近はyoutubeで昔の曲を漁っては聞いてます。


ここ数日のお気に入りは


「雨にキッスの花束を」 今井美樹



懐かしいよ。


ってか聞き直したらすげーいい曲だった。





お勧め。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

時間

年を取ったと感じるのか?



時間が経つのが早い気がします。



まだ20代ですが。1日が過ぎていくのが早い。




1週間はあっという間。




土日はもっとあっという間に過ぎていく。




1日を大事にしないといけないと感じながらも感じるだけ。



何かしないとと焦りながらも



過ぎていく1日。



なんとなく。



なんとなく。




それにしても眠い。



眠気覚ましにブログでも書いてみる件。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ケチャ

バリで出会ったケチャ

通称kecak(ケチャック)最後のKは発音しないみたいだけど


これがすげーので是非紹介。

知ってる人は知っているケチャ

ケチャ (kecak) とは、インドネシアのバリ島で行われる男声合唱。または呪術的な踊り(サンヒャン)にともなう舞踏劇。バリ島では、kを発音しないため、現地ではチャと呼ばれている。

男が上半身裸になって数10人であぐらをかいて火を囲み、声のみで合唱するんだけど、何がすごいのかというと、


ケチャの合唱は、端的に言えば「打楽器で表現すべきメロディのないリズム・パートを口三味線で唱える」ものである。
主旋律を刻むのがタンブールと呼ばれるパートであり、これは、一人で「シリリリ・プン・プン・プン」との発声でメトロノームのように基本的な四拍子を刻み全体のリズムを保つ。さらに、プポは、一人でメロディーを歌う。そして、この二人以外の全員が、以下の4つのパートに分かれ混ざりあって座り、サルの鳴き声を模倣したピッチを持たない「チャッ」「チャッ」というような発声をする。

プニャチャ
四拍子の間に「チャ」という叫び声を7回入れる。

チャク・リマ
四拍子の中に「チャ」を5回入れる。

チャク・ナム
四拍子の中に「チャ」を6回入れる。

プニャンロット
チャク・ナムを16分の1後ろにずらして刻む。

このようにそれぞれのパートが一定のリズム・パターンを持っており、これが全体として合わさると「ケチャケチャケチャケチャ」という16ビートのリズムのように聞こえる。「ケチャ」という呼称はこれによるとされる。


との事らしいんだけど、

たぶん音楽やってない人はなんのこっちゃい?って感じだと思います。



数10人の人間が楽器を持たずに複雑なリズムを刻む。

リズムが狂わない。

いきなりテンポが変わったりもする。

とりあえず釘付けになりました。



すごい。


見ないと分んないけど・・・・。


是非見て。



未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

帰国

ただいま。

帰国しました。


5日間も休んだので、かなりやる気がで頭が働きません。


バリ島は不思議な国でした。


いわゆるリゾート地で、ぶっちゃけ行く1週間前までどう言うところかほとんど知りませんでした。



アジアのリゾート地ってのはだいたい一緒なのかも知れない。

リゾート地とは言っても現地の人の暮らしは貧しい。

平均月収が日本円で2万円だそうだ。

その分物価が安いんだけど。


向こうに3日間しかいなかったのでもうちょっといないと分からないけど

不思議な国だった。

日本語が結構通じた。

看板には「日本円使えます」

そしてサーファーの多いこと多いこと。

サーフィンやる人にとっては天国だねありゃ。
※ただし上手い人に限る


ケチャは素晴らしかった。


市場も活気があった。


バリのレッドブルは不味かった。


思ったより治安は良かった。


波がやたらでかかった。



不思議な国 バリ。

神が宿る島 バリ島


今度は1週間くらい行きたいなぁ・・・・。



あ、お土産は買ってきました。


取りに来て下さい。

特にWhite君。



宜しく。


次は北海道。


旅は続く・・・

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BL

Q・先週駅伝走った次の日から左足首の痛みが取れません。どうしてでしょうか



A・年じゃね?





あぁ・そうですか。


骨じゃないんだよね


痛いんだよね



まぁそんな事どうでもいいんだけど。


明日からバリ行ってきます。



ん?ちょっと自慢したかっただけ。




え?お土産?何それ?食べれるの?



このブログを読んで個人的に連絡をくれた人だけ買ってきます。




あしたの昼までな

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

まだやんぐ

今年で齢28になる。

るろうに剣心と同い年。

マスオさんのいっこ上。




どうでもいいですが。

先日走った筋肉痛はだいぶ取れました。



歳を取った代名詞として使われるのがコレ

「筋肉痛が2日遅れで来る」



ちなみに2日遅れで筋肉痛になった事はありません。



周りでは聞いた事ありますが。




ちなみに、これはいろんな説がありますが、


私が聞いた話だと

真っ赤な嘘だそうです。



筋肉痛のメカニズムは、運動によって筋肉に傷が入り、その結果筋肉が炎症を起こして痛みが出る事だそうですが、


実験で運動をしない若者と運動をしない年配の人を集めて同じだけの激しい運動を行った場合、
全員が翌日筋肉痛になったとの結果が出ています。

ではなぜ2日遅れて筋肉痛になるのでしょうか。


それは、筋肉痛と言うのは筋肉の損傷具合によって痛みの速度が違うからだと聞きました。


軽い損傷だとすぐには痛みは来ないそうです。

様は、年を取ってくると運動しなくなってくるからちょっと運動するとすぐ筋肉が傷ついてしまう=ちょっとしか筋肉が傷つかないからすぐには痛みは来ない。

と言う事らしい。

(あくまで聞いた話なので、鵜呑みにしない方がいいですけどこういう実験データと見解もあるんですよと言う事らしい)




そもそもふだんから運動してる人は若者だろうと年寄りだろうと筋肉痛ってあんまりなんないよね。



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

挑戦

今年こそは○○をやる!!

そう言って毎年正月を迎える人は結構いるんじゃないだろうか。


まぁ、私も例外ではない。


2009年。既に10月を迎えているわけではあるが、

今年こそは・・・と思っていた事がいくつかあり、

大体達成した。

えへへ


自慢かよ。



1・サーフィンに挑戦する。
2・北海道にスノボーやりに行く。
3・ギター始める。
4・マラソンを走る。


1・サーフィンは既に挑戦した。楽しかった。


2・北海道には今年の年末行く。

 嫁を置いて。でも男ってのはそういう生き物なんだ。

 ごめん。


3・ギターは今年からちゃんとやり始めた。自分の結婚式が良いきっかけになった。
    
 今月末にも友達の結婚式でやる。練習中。


4・マラソンを走る。


この4番。


そう、マラソン。



どちらかと言うと、(どちらかと言わなくても) マラソンは好きではない。

というか好きな人ってそんなにいないとは思うけど(いや、いるな)


ただ単に走るだけと言うのがまず駄目なのだ。

どちらかと言うと、物事にアドレナリンを求める私。


マラソンなんてきついだけじゃん。。。。走ったって楽しくねーよと。


周りが走っていようがそんなの知ったこっちゃない。

走らない。


そう思っていた。


が、年を取ったせいだろうか?


ここ最近、マラソンに興味をもったのである。(大会ね)




いや、正確にはキツイことをやってみたかった。


Mではない。


マラソンはキツイ。

そんなものは小学生でもわかる。


学生の頃のマラソン大会はすげー嫌いだった。



今も好きではない

が、なぜ興味を持ったのか。


それはキツイからである。



行ってる意味が分からない?



俺もわかんねーや。


・・・・。




ええっとだね、


大人になってくると、物事に対して”効率”というものを考えるようになり、

出来るだけ要領よく、楽にできるやり方を探す様になってくる。


つまり、あんまりキツイことを進んでやる事ってなくなるものなのだ。

若い頃はがむしゃらに・・・要領とか効率とかそういうのを無視して出来るものなのだが、

だんだんそういうのは出来なくなってくる。


考える様になるからだ。


精神論というのは若いうちだけの言葉だと思っている。


まぁ、そんな事は置いといて、


様は仕事でもそうなんだけど、キツい事とか壁とかがあると、それを乗り越えようと思える気持がまだ自分にはあるのか?

様は根性を試したかったのだ。


だから気軽にできるけどキツイこと=マラソン なのである。



で、昨日(10/4) マラソンに行って来た。


正確にはマラソンというよりは駅伝。


4人1組で15km走るという物。
1人より皆で。楽しいこともツライ事もみんなでやりたいタイプなのだ。


私の距離は5.6km


普段の生活で5kmも走る事はまずない。


同年代の平均が1km大体6分、5kmで30分らしい。

目標30分。


ちなみに対して練習してません。


朝11:00スタート。

参加チーム1000以上

第1走者


いやぁキツかった。

予想通りのキツさだった。


何度も折れそうになった。


別にペースを落とそうが、歩こうが、誰にも責められないし何も言われない。


だけどペースを落とすどころが途中で上げた。


なぜか。



辛いからである。



自分の限界を見たかった。




3kmくらいで”限界くん”がやってきた。

「やぁ5103。」


・・・・。


限界くんの力はすさまじい。

普通に折れそうになる


なんとか限界くんと闘いながらゴール(次の人)へ



タイムは26分(走り終わってしばらくとめてなかったから多分そんくらい)



頑張った。


久々に頑張った。



結果はどうでもいい。順位とかタイムとかはあまり重要ではなく、

キツイ時にどれだけ頑張れるか。

口でいうのはとても簡単だけど実際やると半端なくキツイ。


でもまだ自分はいけるんだなと、走り終わって思った。


明日からがんばろうと思った。



そんな感じでマラソン。

お勧め。


ただ、しばらくはやりたくない。


やっぱりキツイの嫌い。




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |